夢と占いの関係性は深いものがあり今では電話での診断も可能となっている

夢に関する言葉や建物などが日本にはたくさんあります。また人はよく、悪いモノを見たとか、昨夜見たモノはよかったなどと話をしますし、初夢という言葉もあり、正月の二日の朝に最初に見るモノが良いと言われます。

また、実際に寝てはいないですが、夢見心地などという言葉もあります。このことから日本と言う国は夢に対する考え方を大切にする民族でもあるのです。

ところで皆さんは寝ている時にをよく見ますか?寝ている時に何かモノや行動している姿をみるという行為は眠りが浅いと言われており、感情が高ぶっているときや、落ち込んでいるときなどによく見られるのです。

寝ている時に見るモノには意味があるものが多く、たとえば、別れた彼女や彼氏が現れると言うのは、元に戻りたいとかもう一度やり直したいという感情の現れなのです。

また、幼い頃の思い出をみるというのは、現実から逃避行したいという潜在意識があるからなのです。また、今の奥さん(彼女)あるいは旦那さん(彼氏)がいるにもかかわらず違う異性が現れるというのは現在の状況に満足していないという現れなのです。

このように寝ている時にモノを見るという行為によって貴方の現在の心境あるいは未来を占うことができるのです。これが俗に夢占いなのです。

貴方が寝ているときに見るモノによって今あなたが何に悩んでいるのかあるいは何を望んでいるのかを鑑定することができるのです。

寝ている時に見るモノは単なる妄想や想像ではなく、その裏側に隠された真実があるのです。それを見抜いて良きアドバイスをしてくれるのが、占い師の方なのです。

占い師の方の多くは心理カウンセラーの資格をもったひとや専門に勉強された方なのです。心理学でも寝ている時に見る行為というのは大切で、その人の現在の状況や心理状態を表す貴重な資料なのです。

寝ている時に見るモノを通してその人の潜在意識を浮き彫りにし、今後の人生や現在の悩んでいる事柄の解決の糸口にできるのです。